2013年5月アーカイブ

FX取引の税金

| トラックバック(0)

前回のエントリーFXの申告を少々お話ししました、
今回もう少し詳しく書いておきますね。

会社で働いて毎月給料をもらう時には、
必ず所得税などが引かれていますよね。

なんでこんなに取れれるんだーと
いつも腹立たしく思いますが、
まあ仕方ないこ とですよ。

株式投資も同じですね、
儲かった額には税金がかかります。

もっとも証券会社で差し引いて
税金を証券会社が払ってくれる方法と、
税金は引かないで1年間の終わりに
計算して確定申告をする方法を選ぶことは出来ます。

ではFXの場合はどうなんでしょうか。
気になりますよねー。

実はFXで儲けた金額は雑所得になります。
つまり確定申告をすることになるんですよ。

給与所得の人は、普通会社で年末調整をしてくれますが、
それ以外に自分で確定申告をしなければならないんです。

2013年1月1日以降は
復興特別所得税なるものも追加されました。
全部で20.315%が税率になるんですね。

残念ながらこれは正しく申告する必要があります。
まあFXで儲けたんですから、国には税金を払いましょうね。

そして1年間を通して残念ながら
損失だった場合は最高で3年間繰り越しが出来ます。

つまり翌年儲けても、その金額から前年損失した金額を
差し引くことが出来るんですよ。

もちろんそうならないようにしたいものですが・・・。

そうそう!もし損失をした場合でも
確定申告をしておかなければ、
この特例は認めてくれませんので、
必ずしましょうね。

さらに2012年1月の税制改正で変わった所を
詳しく紹介しているサイトがありましたので参考までに載せておきます。
→ FXの税制統一化

FXの申告

| トラックバック(0)
FXを始めるにあたって
必ず知っておいて欲しいのが、
「FXには税金がかかる」ということ。

もちろんFXによる収益が微々たるもので
あれば特に問題はありません。

しかしFXで得た収益が一定額を超えると、
その年(年度末)の確定申告で金額を申告し、
金額に応じた税金を納める必要があります。

会社で得られた 給料(給与所得)と違い、
FXで得た収益は「雑所得」として扱われています。

近年は税務署の調査も強化されているため、
確定申告や納税を怠ることは「脱 税」(所得税法違反)となってしまいます。

これらの変化を受け、FX業者側も
税金に関するさまざまな対応を始めています。

もはや「ばれないから別に申告・ 納税しなくていい」という考えは甘いのです。

FXに限らず確定申告は一度覚えれば簡単にできます。

もちろん分からないことは、税務署でも相談できます。
 「面倒だから」などといった理由で怠るのはとてももったいないことです。

では申告漏れ・脱税した人はどうなるのでしょうか?

まず、脱税していることが わかった場合、
その人は最初に修正申告を行うことになります。

元の税金はもちろん、「重加算税」「延滞税」というのが金額にプラスされます。
つまり脱税をすると、本来の金額よりも少し多い金額を支払うことになるというわけです。
脱税額が巨額な摘発例は、ニュースにもなっていますので、
申告は必ずするようにしましょうね。

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。