FXの申告

| トラックバック(0)
FXを始めるにあたって
必ず知っておいて欲しいのが、
「FXには税金がかかる」ということ。

もちろんFXによる収益が微々たるもので
あれば特に問題はありません。

しかしFXで得た収益が一定額を超えると、
その年(年度末)の確定申告で金額を申告し、
金額に応じた税金を納める必要があります。

会社で得られた 給料(給与所得)と違い、
FXで得た収益は「雑所得」として扱われています。

近年は税務署の調査も強化されているため、
確定申告や納税を怠ることは「脱 税」(所得税法違反)となってしまいます。

これらの変化を受け、FX業者側も
税金に関するさまざまな対応を始めています。

もはや「ばれないから別に申告・ 納税しなくていい」という考えは甘いのです。

FXに限らず確定申告は一度覚えれば簡単にできます。

もちろん分からないことは、税務署でも相談できます。
 「面倒だから」などといった理由で怠るのはとてももったいないことです。

では申告漏れ・脱税した人はどうなるのでしょうか?

まず、脱税していることが わかった場合、
その人は最初に修正申告を行うことになります。

元の税金はもちろん、「重加算税」「延滞税」というのが金額にプラスされます。
つまり脱税をすると、本来の金額よりも少し多い金額を支払うことになるというわけです。
脱税額が巨額な摘発例は、ニュースにもなっていますので、
申告は必ずするようにしましょうね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zoar-blog.com/mt/mt-tb.cgi/4

このブログ記事について

このページは、zoarが2013年5月 7日 18:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FX開始の動機」です。

次のブログ記事は「FX取引の税金」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。